結婚式では自分らしさ二人らしさを色とテーマで表現して

結婚式では自分らしさ二人らしさを色とテーマで表現して

挙式から二次会まで一着で

ライフスタイルが多様化し、ホテルでのウエディングに加えて、リゾートやガーデンなど式場の形態も増え、カジュアルな雰囲気の会場での自分たちらしい結婚式を望む人も増えていますよね。そうした式場に似合うドレスは、ボリュームに加えて軽さと動きやすさが大事になりますよ。普段着のワンピースやブラウスに近い軽やかなスレンダードレスなどがいいでしょう。お気に入りのドレスに出会うことができたら、挙式から披露宴、二次会まで一着のドレスを通すのも素敵ですよ。ヘアアレンジや花、ウエストにあしらったリボンなどに色をあしらえば、自分らしさを表現でき、ウエディングテーマとマッチさせることも可能です。式場のスタイリストとともに、打ち合わせをしていきましょう。

先にテーマカラーを決めて統一感を

ドレスにもテーマカラーを取り入れるとなると、最初にその色を決めておく必要があります。ウエディングの方向性を決める上で、重要なメインカラーを1色とそれに合わせる3色ほどをプランナーと選んでおきましょう。色選びの際には、全体のカラートーンを揃えることが重要ですよ。アクセントにする色の選び方によって、花嫁や二人のキャラクターや好みがゲストにも伝わります。花嫁の装いはもちろんですが、招待状やメニューなどのペーパーアイテム、テーブルや会場装花、クロスや食器までテーマカラーで統一することで、アイテム選びも楽になるでしょう。ゲストだけでなく、花嫁自身も晴れの日を楽しめることが大事になりますよ。

結婚式費用は前払いが一般的ですが、福岡の結婚式場では後払いが可能な所もあります。後払いの方が本当にやりたい式を挙げられ、自分たちのタイミングで支払いもできて安心です。