大きい物から小さい物までいろいろなタイプの結婚式場があります

大きい物から小さい物までいろいろなタイプの結婚式場があります

たくさんの人に祝ってもらう結婚式場

従来からある形は、新郎新婦を取り囲んで、両家の両親や親族、会社の人たち、学生時代の友達など多くの人達に囲まれてお祝いされる結婚式です。この場合、招待客も多いので結婚式場も大きい物になります。また、盛大な結婚式になりますので演出もいろいろあり、お金もそれなりにかかることになるでしょう。ただし、一生に一度のことと割り切ればそんなに高い買い物とは言えません。特に女性はウェディングドレスを着るのが一生の夢という人が多いのでたくさんの人に祝われて、華やかなドレス姿を見てもらうのは至福の時間と言えるでしょう。男性にとっても家庭を持つことで一人前となり、それを大勢の人にも知ってもらうことは良い機会です。みんなで祝えば楽しい結婚式のひと時を共有できることになります。

親族だけの小さな結婚式場で祝ってもらう

たくさんの人を呼ばなくても両親と両家の親族だけの少人数だけの結婚式場もあります。最近は、このようなタイプの結婚式が多くなってきました。結婚式そのものにお金をかけるより、結婚生活の方にお金をかけたいと考える人がいることは確かです。しかし、一番大切な人にお祝いしてもらうことで小さいながらもしっかりとした結婚式になっています。ここで、今まで互いに知らなかった両家がじっくりと話し合う場を持てば、共に仲良くなります。そして、若い二人が困った時に何かとサポートしてあげやすいことになります。若い二人の絆によって両家に新たなる絆ができるということは素晴らしい機会です。

古都京都では歴史映える町並みをはじめ、桜や紅葉など四季折々の情緒があります。京都の結婚式場ならではの雰囲気、演出が可能です。